news

2016.06.29

刺繍承りのお渡し日について

本日、日テレ ZIP!にて 「こよみチーフ2016」をご紹介いただきました。

とてもありがたいことに店頭でもオンラインショップでも
たくさんの反響をいただいており、刺繍のオーダーが大変混み合っております。

現在、お渡しに通常よりも多くお日にちをいただいております。
*刺繍点数の多いご注文については別途ご相談させていただくことがございます。

◯swimmie銀座店 3日後
→3日〜7日後(その日の状況により変動させていただきます)
◯オンラインショップ 10日後

swimmie銀座店でご配送も承っております。
*配送料、税抜500円(税抜5,000円以上お買い上げの方は無料)

大切な贈り物やご自身の暮らしの楽しみのため、
たくさんのお客様にお刺繍のオーダーをいただき、本当に嬉しく思っております。

その大切なお気持ちにお応えできるよう
お一人お一人のオーダーに想いを込めてデータを作り、
ハンカチ1枚ずつお刺繍を施せればと思っております。
そのためお刺繍にはどうしてもお時間が必要となってしまいます。

お客様のご希望に添えない場合もあり大変心苦しいのですが、
ご理解いただけますと幸いです。

1

2016.06.21

新作ハンカチ -竹田嘉文-

image-novelist
image-extinct animal
image-space exploration

あなたはどんなものに浪漫を感じますか?
遥かな歴史・未来、雄大なる大自然、建造物、未知なる宇宙、誰かの物語の中…

夢中になって読んだ図鑑や伝記、小説、漫画。
TVの特集番組にはかじりついて見たり。
そんなワクワクドキドキさせてくれるものがあるのは、
この世界に生きている喜びのひとつでもありますよね。

『20世紀に活躍した小説家たち』
『絶滅してしまった動物たち』
『宇宙船や人口衛星、宇宙ステーション』
それぞれ16種類がイラストレーター・竹田嘉文氏によって繊細に描かれた
浪漫を感じるハンカチ3種類が登場です。
ポケット図鑑にもなるハンカチをテーブルに広げて話のネタにも。

ハンカチに登場するそれぞれの、あんちょこのような、
ガチャガチャに入っている説明書のようなおまけ付き。
間違いがあるかも…ですが、より深く知るためのきっかけにご覧ください。

もつべきものは 浪漫とハンカチ なんてね。


i2c

■竹田嘉文 yoshifumi takeda
デザイン事務所でモーショングラフィックデザイナーとして
勤務後2010年よりイラストレーターとして独立。
雑誌、書籍などを中心に活動をしている。

2016.06.19

ハンカチ&てぬぐい展

名古屋にあるスタジオマノマノさんで行われる
にちよう市のハンカチ&てぬぐい展にH TOKYOと共に参加させていただきます。

swimmie立ち上げ以来、毎年参加させていただき光栄です。

マノマノさんのロゴはswimmieでハンカチのデザインをしていただいているnakaban氏が手がけられたという、うれしい偶然。

お気に入りのハンカチを探しにぜひスタジオマノマノさんへ

6/23(木)− 7/3(日)
open :  13:00 – 20:00
holiday :  6/27・28

スタジオマノマノ
名古屋市千種区今池1-18-20 伊藤ビル1F
052-718-6366


ハンカチ展_2016-01ハンカチ展_2016-02

2016.06.17

ecute品川 POP UP SHOP 6.20-7.3

A3_2016tate

去年に引き続き、今年もエキュート品川でPOP UP SHOPをさせていただきます。

今回のPOP UP SHOPでは、刺繍は承っておりません。
そのかわり…ハンカチお買い上げの方にはswimmie、H TOKYO各店舗でご利用いただける刺繍無料チケットをプレゼントさせていただく予定です。

駅の構内にあるエキュートですので、改札を出ることなく、
電車での移動途中に、新幹線への乗り換えにお立寄いただきやすいです。

「あ!ハンカチ忘れちゃった!」
というときにも思い出していただければうれしいです。

みなさまのお越しをお待ちしております。

エキュート品川 2F エキュートギャラリー(JR品川駅構内)

2016.06.13

ポケットのなか

SW_ST02

ハンカチのこだわりってありますか?
色、デザイン、素材、大きさ、手触り…いろいろありますね。

今回は「大きさ」に重点をおいたハンカチのご紹介です。

36cm角の小さめサイズのハンカチは、
女性のポケットやバッグにもおさまりの良いサイズ感です。
生地はシャツ生地をセレクトし、上品な印象です。

大きめのサイズ感が主流な今、
このくらいのサイズ感をお探しの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

また、普段はタオルやハンドドライヤーを使うから
ハンカチはいらないわ…という方も
こんなちいさなハンカチを一枚しのばせておくのはいかがでしょうか。
だれかに差し出すためでも、アクセサリーとしてでも。
持っているだけで、どこか気持ちにゆとりが生まれてくる…
なんてこともあると思いますよ。

各 ¥1000+tax

SW_ST01

ピンクピンストライプハンカチ
グレーダイヤハンカチ
サックスブルーツイルハンカチ
ベージュペイズリーハンカチ
シトロンイエロードットハンカチ

2016.06.10

follow me♡

swimmie銀座店発信のinstagramをはじめました。

オススメやフェアのお知らせ、スタッフによる銀座探訪など…
このNEWSやFacebookとはまた違う情報を盛りだくさんに発信していきます。

また、店頭でもご案内しておりますが、ハンカチのアレンジ方法なども動画でご覧いただけます。*これからもちょこちょこと増えていきます
お見逃しないよう、ぜひフォローをお願いします。

imagesswimmie_ginza

アレンジ

2016.06.08

葉っぱ

梅雨入りの季節ですね。

じめじめとして少し憂鬱な気分にもなったりしますが、
艶やかで緑深い葉っぱにポツポツ、パンパンと音をたてながら踊る水玉を
ながめたりするのもこの季節の趣ですね。

緑深い葉っぱではないですが、
葉っぱをかたどったピコットレースのついたハンカチのご紹介です。

Lace07

ストライプ、チェック、ドット3種類の織り模様の入った生地に
それぞれ異なる上品なピコレースがついたハンカチです。

Lace03

しずかな気持ちにも寄り添ってくれるやさしくて清らかなハンカチは、
晴れよりも雨が似合うのかもしれない。

ストライプ
チェック
ドット

 

2016.06.06

Thanks,Dad! 6.8-6.21

サイネージ用データ更新

 

なぜか母の日よりも忘れがちになってしまう父の日。
そんなお声をよく聞きますがどうしてなんでしょうね…?
母の日は5月の第2日曜日。父の日は6月の第3日曜日。
せめて同じく第2日曜日だったらいいのに…なんて。

みなさんはプレゼントの定番はありますか?
毎年違うのも楽しみですし、定番で同じものをプレゼントして年を重ねていくのも素敵ですね。

swimmie銀座店ではswimmieの兄妹ブランドのH TOKYOのシャツ生地のハンカチや、いつもは店頭で並んでいないTOKYO TRUNKSの形にこだわったトランクス、SOC TOKYOの夏にぴったりのリネン素材の靴下など父の日のプレゼントにおすすめのアイテムを期間限定でご用意いたします。

フェア期間中、特別にモノグラムタイプの刺繍もお入れできます。
いつも頑張ってくれているお父さんに、感謝と大好きが伝わるような、品質にこだわったちょっといいものを揃えてお待ちしております。
この機会にぜひプレゼントの候補にいれていただけるとうれしいです。

ワッペン2
モノグラム

2016.06.06

6月展開予定

6月展開予定です。

12.26(土)–イノブン四条本店

4.19(火)-7.3(日)金沢21世紀美術館 ミュージアムショップ2

5.16(月)-8.31(水)枚方T-SITE 4F マルシェ~毎日の暮らし市~・大阪 枚方

6.20(月)-7.3(日)ecute品川 2F  swimmie pop up store

6.23(木)-7.3(日)スタジオマノマノ・名古屋 ハンカチ&てぬぐい展

6.23(木)-7.12(火)トウメイ2k540店・御徒町

2016.06.03

私の好きなハンカチ episode-11

一番好きなとっておきのハンカチ、つかいかた、思い出など、ハンカチにまつわることを、H TOKYO/swimmieに関わる周辺のひとに、お伺いしていきます。

///

11人目はイラストレーターの村田善子さんです。
村田さんは6年前からH TOKYOのハンカチを
一緒に作ってくださっている作家さんです。
独特で面白い村田さんの作品が生まれるその発想のひみつや
ハンカチガールとして育った村田家のことなどをお話しいただきました。

yoshiko01

—今日持ってきてくれたハンカチの好きなところとオススメのポイントを教えてください。
これは真夏にハンカチを忘れてしまって、急遽キオスクで 買ったものです。
「もうこれでいいや!」と思って買ったのですが意外とこのガーゼ感が心地良くて
必要に迫られて仕方なく買った割には、かなり使っています。
どこのメーカーかも分からないですし、ジャーン!と人に見せる
ハンカチでもないのでいま皆さんに見せていることも、お恥ずかしいです〜 笑
こっそり忍ばせて持ってる、ナイショのハンカチ。という感じですね。
タオルケットをつかんでると安心する幼子の気分に近いですかね。

YSK02

—こちらは村田さんと一緒に作らせていただいたハンカチですね。
はい。たくさん作らせていただいたのですが 中でもこの女湯を持ってきました。

—でもなぜ女湯を描いたんですか?
なんででしょう 笑
自由なテーマで描かせてもらったので、
その時の描きたいものだったのだと思います。
それまでもシリーズで『女湯』は描いていて、
一度ハンカチにも登場させてみたいと思いました。

YSK01

—村田さんのハンカチは広げる楽しさがありますよね。
広げてもらいたい願望は確かにあります。
畳んだら絵のこの一部分が切り取られてハンカチの顔になるんだなっという
偶然性も楽しいと思います。折り方次第ですね。

—その他も、ラーメンの絵柄や、ハンカチの絵柄にあえて
ハンカチ柄を登場させるなど アイデアも素敵ですね。
何種類も自由に作らせてもらったからこそできたのだと思っています。
初回は6柄くらい作らせてもらいましたが 1〜2枚って言われていたら
固くなっちゃって「ハンカチとは・・・」とかって
考えすぎちゃったんじゃないかなと思うのですが
「こんなに沢山作っていいなら、遊んじゃえ!」みたいな吹っ切った感じでした 笑

—ラーメンはお客様もびっくりしてます。こぼれてる!って 笑
ラーメンはこぼれ落ちてるっていうより 実は波のようなイメージなんです。
「波!きたー!」っていう・・ 笑
自分でもなぜそう思ったのかはわからないんですけど。
※ラーメンハンカチ

—ちなみにこのポーズする人はどんな風に発想しているんですか?
できそうでギリギリできないくらいのポーズを攻めてるんです。
「これは絶対できないでしょ?!」と。
ポーズする人ハンカチ

—そう言った発想はどこから生まれてくるんですか?
生活の中で自然にしみ込んだ描きたいイメージの
『欲』みたいのが、私の中にいくつかあって、そっから引っ張り出して、
それを広げていくみたいな感じです。
パンツを描いたのは 突如友人が、こういうパンツを大きくどーんと描いたら
善子らしさがでて面白いんじゃない?って
ナイスアドバイスをくれて、それで素直に描いてみました。
おおらかな白色ハンカチ

—こちらは女性らしいハンカチですね。
お母さんのハンカチってこんなだったなって。なんか憧れがあったんです。
もらったものかもはや覚えていもいないんです。
使わないけれど、好きなハンカチと言う感じです。
こないだ大量に姪っ子にハンカチをあげてしまったのですが
これはとっておこうと思って残ってた子たちなので 愛着はありますね。

YSK03

—お母さまもハンカチを常にもっていらしたんですね。
はい。やはり母の影響はありますね。
アクセサリー置き場と同じところに入っていたんです。
そこの引き出しはキラキラした印象で そこからハンカチを母は出して使っていたのですごくいいイメージがあります。

—村田さんもハンカチ置き場があるんですか?
小さい頃、私のハンカチは靴下入れと一緒でした。
今もその流れで、靴下と一緒が落ち着きます。
そこを開けて出かける時に、一瞬だけど選びます。
「うーーーん・?・・これだ!」みたいな。
その時の気分ですけど、一瞬ですが悩みますね。

—H TOKYOのハンカチを知ったきっかけはなんですか?
6年前のイベントで一緒になった時に 知り合いになりました。
その後オーナーの間中さんが個展に来てくれて
「ハンカチ作りませんか?」と声をかけてくれたんです。
間中さんはプリントされた私の絵も買ってくれて。
本当に気に入ってくれたんだ!って 嬉しかったのを覚えています。

—「ハンカチ作りませんか?」と言われた時はどうでしたか?
すごく嬉しかったです。本当かなーとも思いましたけど 笑
アイデアのラフ画をいっぱい描かせてもらったんですが
テーマも自由だったので 描きたいものを素直に描かせたもらいました。
パンツ画は間中さんの反応が薄かったですけど 笑

—確かに間中は初め「どうしよう・・・」と不安そうでした 笑
そうですよね。でもマネージャーの大津さんが
すごく気に入ってくれて作らせてもらいました。
その後白パンツに続いて赤パンツも描かせてもらったのですが
白があったら赤もあるべきだ!と思って、ラフ画で打ち合わせする前に
「もう描いちゃいました」みたいな感じで 笑 仕上げてもっていきました。
でも形になるのって色々難しいのに
こんなに自由にやらせてもらって本当にありがたいなって思ってます。

—ハンカチのこだわりはありますか?
愛着かなー。そこにすべてがあるかもしれません。
手触りとかもそこに関わりますし。
ハンカチは絶対長いおつきあいになると思うので
自分に近いかなと思えるものを選ぶようにしています。

—好きなハンカチの使い方はありますか?
広げて使うことも多いです。
おにぎりとかを包んだりすることも多いですね。
自分のハンカチは絵の宣伝にもつかえるので
この人と会うなら、この絵を見せたいなという感じで
選んでいくこともあります。
絵はいつも持っては出掛けられないですが、
ハンカチは畳めて小さくなるので「こういう感じの絵を描いてます」と
見せたいときは助かってます。2、3枚持っていくこともあります。
あと家ではウエストのところに挟んでおくこともあります。
長めに垂らしておくんです。
ちょっと手を拭きたい時とか便利なんですよ。

—ハンカチは何枚お持ちですか?
姪っ子に結構あげてしまったので 今は10枚くらいですね。

—村田さんは常にハンカチを持っているんですか?
はい。もっています。ないと不安です。
ハンカチはカバンに入れていて カバンの中の、
そのまた小袋の中に入れちゃってることもあります。
出す時少し不便なんですけど 笑

—ハンカチの思い出はありますか?
小さい時って車移動の時間が暇じゃないですか?
折り紙みたいにハンカチを折って遊んでいました。
ブラジャーとか 笑 リボンとか。
これを飽きずにやたらとやっていましたね。
それしか作れないんですけど。 お姉ちゃんと二人で「見てみてー」って。

—父の日も近いですが村田さんとお父さんの思い出はありますか?
幼稚園の運動会で騎馬戦があって
お父さんに肩車されて園児たちが赤白帽を取り合うのですが
私もお父さんもちょっと緊張していて
私はそんなに肩車されたこともなかったので父の肩車が不安で不安で。
この父の頭を触っていいのかなーとか分からずすべてがしっくりきていなくて 笑
そして、始まってすぐに帽子を取られてしまったんです。笑
本当は取られたら退場しないといけないのですがそれを父に言えなかったんです。
子供なりに申し訳ない気持ちとか、いろいろあったのかな・・
帽子もないので対戦してもらえないのに ずっと戦う場にいたんです。
取られちゃったことに父が気がついてくれて
「言いなさいよー」って注意されて 笑
不器用な変にギクシャクしてたその感じが、
すごく私とお父さんぽくて 今でもよく覚えています。

—今でもお父さんとは話しますか?
大人になってからの方が仲がいいですね。
よく話すようになりましたし、大好きですね〜
最近はカフェオレを上手に作れるようになっていたり
冷たい緑茶を得意としていたり 笑
初めは疑っていたんですけど、本当に美味しくてびっくりしました。
父は丁寧に大切に手をかけられたお坊ちゃん育ちなのに
その反動なのか独身時代にカップラーメンにはまり、今でも大好きなんですよ。
そういうギャップがあって面白いです。
わたしが仕事でおじさんを描くときはやっぱり父にちょっと似ちゃいます。
裝画のお仕事で遠藤周作を描いた時も結構父似になってました 笑

— お父さんもハンカチを持つ方ですか?
はい。父は「ハンケチ」って言いますね。
そういえば家着のポケットにもいつも入っていました。
いつもハンカチ持っていますね。

—ちなみに今年の父の日はどうしますか?
毎年図書券なんですよ。
本が好きで、本をすごく読む人なので一番喜ぶのは結局それだなって。
あんまり物を好きじゃない人で。

—村田さんと一緒に作らせてもらった「ジョージ」 ワッペンシリーズも
父の日に良さそうですよね。
髭のジョージは指の先に刺繍を入れてもいいですよね。
髭の色も黒髭と青髭がありますし、選ぶの楽しいですよ!笑
私も今年はお父さんにあげてみようかな。
※ジョージワッペンシリーズはオンラインショップでもご注文いただけます。

—ありがとうございました。



村田善子
1977年神奈川生まれ。イラストレーター。
本の装画、雑誌、広告などを主に手掛けている。

10 / 22« 先頭...89101112...20...最後 »