news

2015.12.20

年末年始の営業と福袋取扱いのお知らせ

年末年始、各店では以下の期間お休みになります。

swimmie ルミネ新宿店 1.1(金)
H TOKYO 三宿店 12.28(月)~1.2(土)
H TOKYO 丸の内店 1.1(金)
H TOKYO 京都店 12.28(月)~1.2(土)

各オンラインショップ 12.28(月)~1.2(土)
※発送は1月10日以降となります。
※年内ご配送ご希望のお客様は12月25日のオーダーまでとさせていただきます。
26,27日オーダーのお客様は1月8日以降の発送となります。

各店舗で期間中、お買い上げ、刺繍お渡し、商品の受発注と発送が承れません。

お客様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願いします。

swimmieルミネ新宿店、H TOKYO丸の内店では
1.2(土)~1.4(月)の3日間、数量限定で
めでたい福袋をご用意してお待ちしております。

2015.12.14

期間限定 ワッペン単品販売12.14-27

swimmieルミネ新宿店では
みなさまに多くのリクエストをいただいておりました、
ワッペンの単品販売を12.14(mon) – 27(sun)までの期間限定で
開催しております。

贈り物のワンポイントに
お持ちのシャツやパンツ、バッグなど…

どこに付けるかあれこれ考えるのが楽しいワッペンたち。

この機会をぜひお見逃しなく!

ワッペン1 ワッペン2

2015.12.11

新作ハンカチ-HEINI RIITAHUHTA-

フィンランドを代表するセラミックアーティストでもあり、
ARABIA社に所属するデザイナーの一人としても知られる
Heini Riitahuhta(ヘイニ・リータフータ)氏のハンカチが登場です。

aa

ELSA -purple- -green stripe-///
タイトルの「Elsa」はHeini氏の姪っ子の名前。
演劇や劇場について勉強中の彼女をイメージしたハンカチ。

a

ANNA///
タイトルの「Anna」はHeini氏の姪っ子の名前。
歌うのが大好きな明るい彼女をイメージしたハンカチ。

 

ヘイニは次のように語っています。
「私の仕事はフィンランドの自然との絶え間ない対話から、そしてセラミックを自由自在に操る技から生まれてきます。私は日本文化をもっと知りたいと思っていますし、私のデザインに何かインスピレーションを受けることができればと思っています。ハンカチはとても日本的なものだと思いますが、フィンランドにも古くから伝わるハンカチを使った伝統がありました。子供のころ、祖母は毎年誕生日にイニシャルの刺繍を入れたハンカチをプレゼントしてくれました。いまその刺繍ハンカチが大切なコレクションになっています。私はデザインが意味を持ったものにしたいと思っています。私は愛する多くの皆さんから本当に多くのインスピレーションを受けてきました。だから皆さんにデザインを通してストーリーを語り、人々の生活をより楽しくするものにしたいのです。そんな思いで夜ベッドにつくと、夢の中から新しいデザインコンセプトが自然に生まれてきます。」

・・・

ヘイニ・リータフータ(HEINI RIITAHUHTA)
フィンランドのデザイナー/セラミックアーティスト
1975年 フィンランド・ヘルシンキ生まれ。
The Aalto University of Art and Design of Helsinkiでセラミックス・ガラスアートを学ぶ。2002年Master of Arts修了。フィンランドの陶磁器メーカーARABIA社のArt Department Societyに所属し、セラミック・グラスデザインをしながら、テキスタイルデザインも手がけている。ARABIA社のテーブルウェアRUNO(ルノシリーズ)のデザイナーとしてよく知られている。初期の作品Helmiオイルランプは2002年の国際陶磁器展美濃・陶芸部門で金賞を受賞している。

2015.12.10

こよみチーフ2016

2016年のこよみをプリントしたswimmieオリジナルハンカチ。
新しい年を迎えるのにぴったりなハンカチです。

ハンカチのハギレを使用した数量限定の無料ラッピングをご用意しました。

贈答や室礼などの際に用いられた、紙を折って物を包む日本の礼儀作法の一つである折形。その折形の一つである「のしあわび」を元に、スタッフがひとつひとつ心を込めて折りました。

日頃の感謝を込めたお歳暮や新年のご挨拶のお年賀などの贈り物用に、
ぜひいかがでしょうか。

koyomi02 koyomi04

 

2015.12.04

12月展開予定

12月展開予定です。

–12.10(木) 代官山蔦屋書店2号館1階
在本彌生「わたしの獣たち」創刊記念フェア(在本氏のハンカチ6柄を取り扱い)

12.3(木)-12.25(金)LOVE&GIFT-SUPER Xmas MARKET-ルミネ新宿2-2F

12.4(金)–gift_lab GARAGE Lounge & Exhibit

12.26(土)-1.12(火) 伊勢丹新宿4F

2015.12.03

僕の好きなハンカチ episode-5

一番好きなとっておきのハンカチ、つかいかた、思い出など、ハンカチにまつわることを、H TOKYO/swimmieに関わる周辺のひとに、お伺いしていきます。

///

5人目は図案作家のアリタマサフミさんです。
アリタさんはH TOKYOが創業した当初から
一緒にハンカチを作ってくださって来た作家さんです。

aritasan_01

—お持ちいただいたハンカチの好きなところ、オススメポイントは何ですか?
この「プリペアドピアノの子猫ちゃん」は僕のなかでも歴代1位ですね。
先日ハンカチになったばかりの新作です。
僕のアトリエがある町田のsmall villageではよく音楽会が開かれています。
このハンカチはプリペアドピアノともに訪れたすてきな音楽家達を
ちょっぴり不思議な子猫ちゃんに例えて描いたものです。
しっぽがたくさんあるのは数人の音楽家達が
町の明かりを目指している様子を表していて
こういう心象スケッチをハンカチにしていただけることは作家冥利につきますね。

koneko

—どんな風にこの作品は生まれたのですか?
瞬発的にさーっとでてきたんですよ。
いい作品ってさーっと向こうから来てくれる感じがあるんですね。
足の形もピアノっぽくしてあったり
そういうのがホントに滑らかにでてきたんですよね。
子猫ちゃんに憑依されたようにすたすたと出て来た感じです。

—色に関してはどうですか?
色出しは自分でシルクで刷るときも一番のこだわりどころなのですが
今回はまさに理想の色が出せました。
ぼかしの感じも含めて東郷青児さんの美人画の色彩感覚なんですよね。
とびきりのお気に入りです。

—2枚目のハンカチも新作ですよね?
はい。これは伊勢丹限定ハンカチとして作ったものです。
僕はなんかこうレトロ作風が印象づいているようなのですが
実はエレクトロや甘い蜜のようなPOPな世界も好きなんですよね 笑
自分の中にはいつもあるのですが
あまり表には出していないというか、出したとしても実験的な感じですね。
プロダクトではなくカンバスに描くというか。
コツコツ描いているものは奇抜なものが多いです。
今回は僕の中に眠っているアバンポップな要素が出て来て快感でしたね。

kurage01

※クラゲ三部作。ピンクのものが今回ご紹介いただいたハンカチです。

—どんなイメージなんですか?
もともとシンセサイザーの音とか、
電脳的なあるいは仮想宇宙のような世界が好きなんです。
クラゲとは言ってもリアルな描写ではなくて
心象というか行灯のようにも見えると思うんです。
ひとつひとつが月の光を放つ宇宙行灯というか。不可思議な世界です。
それとこれらって何かを生んでいる感じがしませんか?
リキんでぽんぽんぽんと何かを産み落としているような。
それぞれのクラゲが謎めいています。
この作品は表現の幅を広げてくれたように思います。

—有田さんの作品の中でも珍しい色合いですよね?
最初はブルー系から描いていったのですが
この色出しがすごく気に入っていて。
7年間の中で2番目に気に入ってます。
このハンカチをある絵を描く人にみせたら
フランス人とかブロンドの白い肌のひとにあいそうな色だねって
言われたんです。僕にとってまた新しい色でしたね。

—今年はたくさん作品が生まれていますよね?
なんだか今年久々にうわーってきてて。
去年までの自分の作品に「なんか古くね?」って言ってる感じだったんです。
展示会をやっても新作は出さなかったんですよね。
洗練されたものを目指してたんです。
僕が一番派手に作品を出してた若い頃って
何も考えずにばーんと描いてばーんと出して運良くウケたんです。
それでステージが少し上に上がるじゃないですか?
多くの人の目にさらされた時に
それに見合う実力をつけきゃって色々練磨して行って。
でもそれでメジャーになったかっていうとそうではなくって
逆にマイナーになったんですよね 笑
出すところも通受けするような場所でやったり。
それが2006年から描き始めたIzumonesiaシリーズにつながります。
そのあとは描きたい衝動が当分来なくって。

—そうだったんですね。ビックリしました!
ポーカーフェイスですからね 笑
ここで終わりなのかなーなんて思って
今度は新しい作家を応援するようになったんです。
ちょっと隠居かなとか思いながらそっちに力を流していたんです。
大学とか若い世代のクリエイター達との語らいは
新しい発見に満ちていてワクワクするものでした。
だから虚無に陥らずに済んだのかもしれないです。

—アトリエも移されたんですよね?
はい。ものづくり学校から町田にアトリエを移したのも
影響があったと思います。
町田はものづくり学校のように賑やかに集う場所ではないし
隠遁感がハンパ無かったから。少しヤバいなって 笑
でもその反動からか今年はなんだか夏前くらいから
うぁーって来てたんです。
そのことにマネージャーの大津さんが反応してくれて
話が進んでハンカチになって。
そう言う意味ではこのクラゲのハンカチは僕にとって
再スタートなんです。サードウェーブですね。
ファーストウェーブがNew Esperanto Labelで
セカンドウェーブがIzumonesiaシリーズで。
このくらげは金字塔な感じですね。大プッシュです 笑

—3枚目も新作ですね。
はい。12年くらい前からのお付き合いがある
スティールパン奏者の伊澤さん率いる
ワイワイスティールバンドの為に描いたものです。
彼は僕がBEAMSでスティールパンを演奏するときに師となってくれた人です。
彼になにかシンボリックなものを、ということで描きました。

WAIWAI

—どんなイメージで作られたのですか?
こちらもパッと降りてきたんですよね。
町田のアトリエで打ち合わせをしたときに鹿がいたっていうのが大きかったです。
アトリエの窓から鹿が見えるし渡り廊下にクジャクがいて
そういった環境で話をしたのでね。
その夜一気に描き上げました。
スティールパンが宇宙そのもののようでキラキラ輝く星のようなイメージなので
以前描いていたネオンクラゲのスピンオフ版を描いて提供したことがあるんです。
今回はそういう星空から舞い降りて来た鹿ですね。
ロゴで波もイメージしています。

WAIWAI2

※鹿のワッペンもあります。アリタさんお気に入りのチェックのハンカチに。

—H TOKYOのハンカチを知ったきっかけはなんですか?
僕のアトリエがものづくり学校の校長室にあったころ
H TOKYOオーナーの間中さんはその学校の事務局長でもあったので
僕のワークショップに参加してくれたりもしました。
その後僕が展示をやるときにハンカチを作りましょうって話になって。
ちょうどそのとき間中さんがH TOKYOを始めるってときで
声をかけてもらったんですよね。
なのでH TOKYOの創設期から知っています。
間中さんははじめ生真面目なイメージでしたけど
実際知っていくと思ったより奇天烈で面白い人でした 笑

—そこからたくさんのハンカチを一緒に作っていただきましたよね。
そうですね。まずは僕が持っていたデッドストックの生地を
ハンカチにしたいっていうオーダーをもらってそこからはじまりました。
その後は復刻で以前描いた図案をハンカチにしていきました。
それからizumonesia シリーズがはじまって全部ハンカチサイズにリメイクして。
KITTEオープンの時には東京ザウルスも限定のハンカチになって。
これも今日持ってきたかったくらい好きなんですけどね。
前の金字塔という感じです。

arita

—ハンカチのこだわりはありますか?
もともとハンカチに対しては無頓着でした。
でもハンカチで鼻をかんじゃうタイプなんですよね。
だから勝負ハンカチとタフなハンカチを2枚持つようにしているんです。
タフな方で鼻をかんだり、かなり荒い使い方をしてます。
だから何回洗っても丈夫なものを選びます。
勝負ハンカチの方はデットストックの不思議な柄のものとか
FUKUZOとかのベタなブランドのものとか
昔のヨーロッパのインチキアニメのものとか
ウケ狙いのものも持つようにしてます。

—「ウケ狙い」いいですね。
ウケを楽しむというか出した時に笑かすためのしかけのハンカチですね。
おちゃめっぷりをチラつかせたいというか。
少し斜めから笑かしたいみたいな 笑
だから結構昔から衝動買いとかもしてました。

—ハンカチは何枚お持ちですか?
自分のものと買い集めたもので50枚くらいは持っています。

—ハンカチにまつわる思いではありますか?
ハンカチに対して色艶のある話はないんですよ。
本当はベンチがぬれてたりとかした時に
そこにハンカチを敷いてあげたりしてみたいですよ。だから願望はありました。
自分の分身できれいな自己犠牲ができるというか 笑
しかも洗濯されていいにおいになって返って来たりしたらまたいいですよね。
そういうのがいいなってうんと若い頃妄想してました。
でも残念ながらリアルにはなりませんでしたけどね 笑

kako

—これからも宜しくお願いします。ありがとうございました。




アリタマサフミ
世界各地のフォークロアや宇宙観、電子音楽、民俗学や風俗史を題材に
テキスタイル図案やグラフィックデザインを展開。

2015.11.26

新作ハンカチ -在本彌生-

写真家・在本彌生氏の待望の写真集「わたしの獣たち」刊行を記念して、
新作ハンカチの登場です。

bananas on the street

bananas on the street///
サイゴンの町外れの道端でみかけた一コマ。
使い古されたブルーシートの青に黄色が美しい。

写真集「わたしの獣たち」におさめられている作品のハンカチも数種類ございます。

美しき獣たちを 肌に感じて、ポケットやバッグに忍ばせることのできるハンカチ。
ポケットの中にどこかの世界の風景が広がっている…
なんてロマンティックなのだろう。

また、代官山蔦屋書店2号館1階ブックフロアで開催中の
在本彌生写真集「わたしの獣たち」創刊記念フェアでも
swimmieのハンカチをお取り扱いいただいております。

わたしの獣たち

 

 

2015.11.25

小井田由貴 作品展のお知らせ

swimmieに参加いただいている 版画家・小井田由貴氏の展示が開催中です。

木版画に手色彩やコラージュを加えた独特な暖かみのあるアイコンたち。
それはいつも静かに何かを語りかけているよう。
冬のはじまりにぴったりな作品たちに会いにいかれてはいかがでしょうか。

「ロシアの夢、夢のロシア小井田由貴 作品展
2015年11月20日(金)〜12月11日(金)
Books and Modern
〒107-0052 東京都港区赤坂 9-5-26 パレ乃木坂 201
TEL 03(6804)1046
開廊時間:12:00~19:00
定休日:月曜日・火曜日

koidayuki-1koidayuki-3koidayuki-2

「〜北欧からの便り〜」小井田由貴 木版画展
2015年11月25日(水)〜12月25日(金)
伊勢丹新宿店本館5階 アート&フレーム
〒160-0022 東京都新宿区新宿 3-14-1
TEL03(3352)1111
営業時間:10:30~20:00
※12月4日(金)、5日(土)、11日(金)、12日(土)、16日(水)〜24日(木)は20:30まで営業

koidayuki-4

小井田由貴氏のハンカチはオンラインショップでもお取り扱いしております。
 ペットボトル バームクーヘン   

2015.11.24

掲載のお知らせ

figaro japon
2016年1月号 とじ込み付録
”李家幽竹さんが教える 2016年の幸せ術毎日が楽しくなる 開運行動ベスト10”の
中で、ホワイトリネンレースハンカチA Cを刺繍入りでご紹介いただいてます。

figaro japon

WEB『ルミネマガジン
”CHRISTMAS GIFT ちょっとビターな大人顔ギフト”の中で
エンブロイダリードットハンカチ
ホワイトリネンレースハンカチDを刺繍入りご紹介いただいています。

大切なあの人に…他の誰でもない私に…
名前やメッセージの刺繍を入れて気持ち込めた贈り物をしてみてはいかがですか?

2015.11.20

“Moments as objects” Ryuto Miyake

Moments-as-objects_postcard-01-614x1024

swimmieにご参加いただいている三宅瑠人氏の展示が
11/17-11/29までユトレヒトにて開催中です。

展示会場で三宅氏のハンカチ 野草の迷彩柄 fine food
お取り扱いいただいております。

イラストを立体化させた初の試みで、イラスト並びにデザイン性もたのしめる展示になっているそうです。この機会をどうぞお見逃しなく。